FP技能士試験(1)

ファイナンシャルプランナー(FP技能士)は、職業能力開発促進法に基づき2002年から国家資格として認定され、資格試験が実施されてきました。1級から3級まで3つの級があり、それぞれの級で学科試験と実技試験があります。

2級と3級は同じ日に学科と実技が行われます。受験資格は、3級はFP業務に従事している者または従事しようとしている者であり、2級は3級合格者で2年以上の実務経験があることなど、1級は学科が2級合格者で1年以上の実務経験があるか、5年以上の実務経験あるなどで、実技はFP養成コース修了者で1年以上の実務経験を有する者など受験資格が厳格に決まっています。

更に2級と3級は試験が年3回、1月、5月、9月に、1級は年に2回で1月と9月に実施されます。

3級の学科試験は○×式と三答択一式で全60問、試験範囲はファイナンシャル・プランニングと倫理や関連法規、社会保険や公的年金といったライフプランニングと資金計画や、リスクマネジメントや保険制度全般などのリスク管理、マーケット環境の理解や預貯金・金融類似商品等、投資信託や債券投資、株式投資などの金融資産運用、わが国の税制や所得税の仕組み、各種所得の内容といったタックスプランニング、不動産の見方や不動産の取引、不動産に関する法令上の規制などの不動産、贈与と法律や贈与と税金といった相続・事業承継となっています。




自分自身のためにどんな保険会社のネット生保商品が結果的に問題がないのでしょうか。子供が生まれてネット生保を見直す人も多いでしょう。有利な保険を選ぶことはどうしたらよいのでしょうか。ほとんどの人はすでにネット生保に入っています。病気の心配・死亡の心配によってそしてまた相続対策のためその他何の目的で保険を選ぶかにより変わるのは当然です。ネット生保では遠慮なく希望を伝えましょう。
ネット生保についてならここ



生命保険にはいろいろと沢山のニュース報道がされます。ネットで保険販売に経費がかからなくなったことで安価な生命保険もコマーシャルで見受けるようになっています。その保険商品についての動きを頭に入れておくことはかなり苦労します。ネット生保についてよく考えましょう。
ネット生保のページ
e-net-hoken.com/

生命保険は複雑すぎていくら説明をきいてもよく分からないと言われます。どうして生命保険が世の中で必要とされるのかを考えましょう。ネット生保のことをよく聴きます。さて自分が病気になって手術や入院したらどうか、そして元気だったのに病に倒れてしまうこともあります。遺族にとって必要な保障額や保険は何なのか。生命保険を考えるときにこの点をよく頭に置きましょう。ネクスティア生命はインターネット生保です。-

住まいの近くの商店街にも保険相談に応じてもらえる保険相談のショップを見かけることも珍しくなくなりました。保険見直し本舗。保険シッョプでライフプランや人生設計を勉強しましょう。-