FP技能士試験(2)

実技試験は筆記で、事例形式全5問であり、個人資産相談業務保険や顧客資産相談業務が試験範囲で、関連する法規や倫理観を理解して相談に対する回答をし、更に問題を提起して解決策を検討分析できるかを問われます。

筆記は60点中36点以上が、実技は50点中30点以上が合格のボーダーラインとなっています。や2級は、ほぼ3級と同じような内容で筆記は四答択一式になり、実技試験の試験範囲が少し広くなって個人資産相談業務中小事業主資産相談業務、生保顧や客資産相談業務や損保顧客資産相談業務となります。

そして、1級の場合は学科試験終了後6ヶ月以内に実技試験が行われますが、学科試験に合格すれば、一部合格証書が授与されます。学科試験の出題は基礎編が四答択一式で50問、応用編が記述式による筆記試験で全5問で、試験範囲は2級3級と同じです。合格のボーダーは200点満点中120点以上となっています。

そして実技試験は、口答試問式で試験範囲は資産相談業務全般で、面接を午前1回、午後1回行い各回100点満点で合計200点のうち、120点以上の得点が合格には必要となります。

そして気になるのが各試験の合格率ですが、3級は割と優しく合格の基準も低いので、合格率は5割から6割と比較的高く、取得しやすいと言えます更に、2級になると少し難易度がますので、合格率は3割程度に下がりますが、

それでもしっかり勉強して対策をとれば合格も難しくないと言われています。更に、1級になると学科試験の合格率ががくっと落ちて、概ね2割から0.3割とかなり難関になります。その代わり実技試験の合格率は8割以上とかなり高いので、学科試験に合格すれば実技も通る可能性が高いと言えます。




学資保険を知っていますか。親子でひと組の生命保険で、親死亡時には学費確保になります。生命保険は死亡時の給付が本来の基本形でありこの保険はその基本形ではありません。貯蓄代わりに華々しく使われた学資保険もあります。学資保険のことを学びましょう。-


もしも生命保険やガン保険、様々なイベントに対応するための保険そして逓増定期保険や逓減定期保険の提案をしてもらうのならその人がどんな会社に属しているのかよく知ってからでない手解けません。そのあとで保険の相談に臨むのが大切なことです。
生命保険の相談についてならここ

自分の選ぶ保険の評判は標準的か。保険そのもの何をどのようにく見直すか検討するについてどんな人に相談しますか。生命保険を契約するには何を目的とした生命保険を間違えないように検討することです。かんぽ保険の評判を考えますか。避けられない出来事です。-

生命保険や医療保険の保険提案書はよく比較できません。保険や金融資産の相談相手を探すのならその保険営業員がどのような立場で仕事をしている人か知らないといけません。そうしてから生命保険商品の比較をして保険に入ります。それが大切です。-