不動産コンサル試験(1)

不動産コンサルティング関連の資格は、公的資格や民間資格など複数存在しますが、弁護士などのように資格がないと職業に就けないという訳ではありません。

しかし、不動産に関する法律や知識など専門的なことを知っておかないと、仕事自体進めることができないので、試験を受けて資格を取得しておいたほうが、就職や転職にも有利に働きます。

不動産コンサルティングの検定試験の中でも、特に知名度が高いのが不動産コンサルティング技能試験です。この検定試験は、財団法人不動産流通近代化センターが主催している公的資格試験で、国土交通大臣の認定を受けてスタートさせています。

受験資格は宅地建物取引主任者資格登録者で、現に宅地建物取引業に従事している方、又は今後従事しようとする方や、不動産鑑定士で、現に不動産鑑定業に従事している方、又は今後従事しようとする方というように決められています。更に資格取得後に、技能登録する際は 宅地建物取引主任者資格登録後、不動産に関する5年以上の実務経験、または不動産鑑定士登録後、不動産鑑定に関する5年以上の実務経験を満たすこと等の要件が必要となるので注意しましょう。

試験は択一式試験と記述式試験からなり、択一式試験は事業、経済、金融、税制、建築、法律の6科目が試験範囲で、全5問、記述式試験は必須科目が実務、事業、経済の3科目で、選択科目が金融、税制、建築、法律の中から1科目選択するという形をとります。

択一式と記述式併せて200点満点中、合格の基準は概ね120点以上になっているので、難易度はあまり高くないと言えます。試験のスケジュールについてですが、まず申し込み期間が8月中旬から下旬にかけて設けられており、試験は毎年1回11月上旬に、午前中が択一式、午後が記述式というように1日で実施されます。合格発表は1月下旬です。




医療保険は結構身近な生命保険商品です。病気やけがで入院した時にこの医療保険のパンフレットが気になります。差額ペットだも心配になります。その費用を考えます。医療費をどうしたらいいのか。その医療費、手術費などを医療保険によって確保します。医療保険の比較をすることで自分にいい商品が分かります。-


保険シッョプでどんな立場の保険のプロと相談をするのでしょうか。保険を選ぶにあたってはこのように考えることが大切なことになります。生命保険をアレンジするのは時間を取って考えないとできません。生活保障を万全とするためのものなので選ぶのが大変なのです。だから保険のプロがいる保険ショップでは遠慮なく希望を伝えましょう。
保険ショップについて|保険ショップを使い倒す
http://www.herbalist.jp/

様々な媒体で保険商品の保険通販が多く見かけられるようになってきたようです。かなり大規模な展開をする保険代理店がネットでの保険や年金保険で学びましょう。ネットの保険で保険選びができます。それにより差が付きます。-

自動車保険から商品を選ぶことについてはどうやっても納得できないかもしれません。自動車保険を検討した上で評価比較し選びだしていくのは面倒なことです。よく考えて選ぶことです。保険商品のの比較は大切なポイントです。よく考えよく比較し自動車保険を決めないと後悔します。それが保険選びのキモです。いろいろな保険の比較ができます。-