マンション管理士試験(1)

マンション管理士の資格は国家資格であり、資格試験は国土交通大臣が主催し、財団法人マンション管理センターが指定試験期間として試験を行います。

受験資格は特に定められていないので、年齢や学歴、性別などに問わずどなたでも受験できます。試験は毎年1回、例年11月の最終日曜日に実施されており、時間は午後1時から3時までの2時間です。試験地は札幌や仙台、東京、名古屋、大阪や広島、福岡など全国14会場にて実施されています。

筆記試験のみで4つの選択肢から正解を選ぶ択一式50問となっています。

そして試験内容は区分所有法や不動産登記、更に災害区分所有建物の再建等に関する特別措置法民法などのマンション管理、設備に関する法令や実務、管理組合の組織と運営や業務と役割、苦情対応とその対策、訴訟や裁判などの管理組合の運営の円滑化に関すること、更に、マンションの構造・設備、修繕計画や建物設備の診断などマンションの建物及び附属施設の形質及び構造に関すること、そしてマンション管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針などマンションの管理の適正化の推進に関する法律に関することの4科目から出題されます。

出題の内訳としては、マンション管理、設備に関する法令や実務から33問前後、管理組合の運営の円滑化に関することから2問程度、マンションの建物及び附属施設の形質及び構造に関することから10問前後、マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関することから5問程度となっており、中でも区分所有法が占める割合が高いので、しっかり押さえておく必要があります。




どんな生命保険が後悔しないで済むのでしょうか。保険種類も保険商品も沢山あります。生命保険は保険種類やまた年齢そして性別によって保険料は変わります。その中から、自分に最適なものを選びます。保険ランキングは有益です。保険会社は絶えず新しい保険商品を販売してきます。こんな時に役立つのが保険ランキングを教えてくれるサイトです。-


自動車保険も工夫しましょう。自動車保険に入ることをやっていることを認識することです。自動車保険に入ることをはしっかり考えましょう。もしも無料の相談会があれば行ってみて保険の相談できる人に疑問点を投げかけてみるのもいい結果を生むかもしれません。自動車保険や車両保険は実際の価格を考えることが大切です。自動車保険通販を見ましょう。
自動車保険通販についてならここ

生命保険や医療保険を選ぶことについては面倒なことです。誰もが悩みます。間違えることで後悔しない保険を選択するのは苦労ごとです。保険見積りが生命保険ではできるようになっています。保険内容の見積りも普通のことになりました。さて損害保険会社の所得補償保険も考えてみます。大切なポイントです。-

生命保険についての問題は悩ましいことです。しかしながら生命保険の検討については四角四面に決めつけず気楽に生きましょう。保険業界が大変に変わっています。あっというまに保険ショップが人気化しました。ほけんの窓口が急増しました。相談できます。-