マンション管理士試験(2)

受験申込書は8月初旬から9月下旬まで配布しており、全国のマンション管理センター支部や主要書店などの手に入りますが、郵送でも送ってもらえます。出願は9月初旬から下旬にかけて期間が設けられています。

更に、合格発表は翌年の1月中旬に合格通知が届きますが、マンション管理センターのホームページでも発表されるし、官報にも掲載されます。さて気になるのがマンション管理士試験の合格率ですが、7パーセントから8パーセント前後で推移しています。大体2万人が受験して、合格者は1500人あまりとちょっと狭き門ではあり、一級建築士や土地家屋調査士と並んで難関資格試験の一つだと言われています。

合格基準は試験問題50問中、6割から7割の得点率となっており、最低合格点が34点から37点ぐらいで推移しています。合格のボーダーラインはそんなに厳しくないですが、法律や実務、建物管理などの関するかなり高度な専門知識が問われるので、やはり試験自体の難易度が高いのできちんと勉強して対策をたてる必要があります。

そして、年齢別に見てみると20代から60代まで幅広い年齢層の方が受験していますが、中でも30代から40代の受験者が多いのがポイントです、更に、建築や不動産関連の企業で経験を積んだ人や、司法書士、行政書士など他の資格との併用で受験する人が多いようです。




自分の生命保険の評判を一から考え直すについて重要視すべきことは何の目的の生命保険かをよく認識することです。生命保険で後悔しないためには保険評判がポイントです。保険を誰に相談しますか。評判は気にしないのでしょうか。
生命保険評判についてならここ



ライフスタイルに合わせてネット生保を考えます。ピッタリの保障のネット生保とはどんな保険なのでしょうか。日本ではネット生保の普及率はとても高いようです。しかしせっかくはいっている自分の保険契約内容をよく分かっているというケースは少数です。交通事故がいつ待ちうけているかもしれません。そんなことがあるので保険が必要とされるのです。ネット生保を考えるのなら保険商品の比較をしてネット保険保険の比較してから契約しましょう。-
生命保険や医療保険老後を安心するための保険のことを学びましょう。始めて聞くことがかなりあるでしょう。医療保険や生命保険そして終身保険や疾病保険そして株価に連動する保険と様々です。まずは保険マンモスで相談することを考えてみましょう。-

しっかりと考えて最終的に保険を選びましょう。それが大切なことなのです。こだわりをすてて保険の見直しをしてもらわないといけません。どんな条件なのかによってどの保険がいいかわ当然変わってきます。保険見直しは大切なことです。-