簿記検定試験(1)

およそ企業であれば、どこでも会計として必要な簿記の技術知識を検定し、資格認定するのが簿記検定です。

簿記検定は現在、複数の団体によって開催されており、難易度や資格としての通用する度合いもそれぞれに異なっています。資格の区分としては「公的資格」というものに入ります。上位資格としては国家資格の公認会計士資格が挙げられるでしょう。逆に下位の資格は特にありません。

簿記検定は日本商工会議所が主催する「日商簿記」(日本商工会議所 簿記検定)、全国経理教育協会の簿記検定「全経簿記」、全国商業高等学校協会の簿記実務検定「全商簿記」、全国産業人能力開発団体連合会の簿記能力認定試験「全産簿記」の4つが存在します。

日商簿記は、1級から4級までの区分があり、1級が最も高い簿記能力を保証する級となっています。目安としては4級で小規模商店での経理ができ、簿記の基礎を理解しているレベル。1

級は会計士や税理士の登竜門扱いで、会計学や会計に関わる法規の知識もしっかり有して、経営管理、経営分析ができるレベルとなっています。日商簿記の場合、就職や転職ではっきりと資格保有者だと主張できるのは2級ぐらいからだそうです。




保険は良く考えて自分向きのものにしましょう。ちゃんとした保険商品と保険会社とを選択することから始まります。そこから保険を選択するということが始まります。保険見積もりをでき限り上手に使いこなすことで保険の組み立ても上手にと思うことがいいのです。
生命保険選びネット | 生命保険見積もりのページ
hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/mitsumori.htm



生命保険をうまく見直す方法、つまり失敗しないように生命保険を比較選択するかは結構大変なことです。生命保険の見直しはポイントです。困ったならば生命保険見直しは避けては通れません。-
保険ショップでは生命保険等の保険を事前に考えていれば思っているよりもうまくいきます。ちゃんと生命保険コンサルについてどうするのでしょうか。どんな人に相談しますか。オフィスビルの高層階などでも保険見直し本舗が急増しました。ここでの生命保険の生命保険のFPやアドバイザーと呼ばれる人も増えているようです。-

自分の必要保障額を意識しだすのは家族ができたときだったと振り返ることが多いようです。そのように人生のふと目と言える時に自分が死んだときのことと生命保険を考えるようになります。保険ショップが大切なことだと気付きます。ライフプランや人生設計のことを知りましょう。保険ショップです。-