簿記検定試験(2)

日商簿記4級の検定試験は年3回、受験料1600円で科目は「商業簿記」一科目です。3級もほぼ同じで年3回実施、受験料が2500円になり、科目は「商業簿記」一科目。ただし、試験時間が多少延びます(1時間半→2時間)。

2級では検定回数が同じですが、受験料が4500円になり、試験科目が「商業簿記」「工業簿記」の2科目に増えます。そして1級では検定実施が年2回になり、受験料は7500円、試験科目が「商業簿記」「工業簿記」「会計学」「原価計算」の4科目になります。試験時間も4級の倍で3時間に及ぶため、しっかり勉強した上で体調を整えて臨むことが必要でしょう。

日商簿記は4級から1級まで特に受験資格などは求められませんし、下級が上級の条件になっているということもないので、最初から目当ての級に挑戦するつもりで勉強するのが近道であると言えます。ただ、4級3級あたりは受験料もそれほど高くないので勉強の進捗状況を図るという意味合いで受けておくのも有効です。

なお、簿記検定受験に資格条件はありませんが、日商簿記1級を取得すると、国家資格税理士試験への受験資格を手に入れるということからステップアップのために1級取得を目指す人は多いようです。

難易度としては4級から2級が合格率30〜40%となっているのですが、1級は大体10%前後となっています。特に前提条件のない検定試験で3割強が合格するのですから、4〜2級の難易度はそれほど高くないと言えますが、税理士の前段となるせいか、1級試験だけが飛び抜けて難しいようです。ただ、2級までに関しても合格率が急落して10%強になっている年や40%を超える年もあるので、試験難易度には結構なばらつきがあるようです。




保険通販をどうするかはどのような家族でも誰しも悩む問題です。うまく保険の通販を解決するには生命保険問題の解消について安易に取り組まないことです。この保険選びの解決策について早めに話し合っておけば思っているよりもずっと簡単かもしれません。保険通販についての問題というものはこのように考えることがいいのです。
生命保険選びネット | 保険通販のページ
hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9027.htm



生命保険も工夫しましょう。生命保険や医療保険に入ることを損な楽なことだと思わないことです。生命保険や医療保険に入ることをはしっかり考えましょう。保険をちゃんと選ぶのはけっこう悩んでしまう問題です。生命保険は-
よくよくの覚悟をもって保険選びの検討に望まないといけません。住宅ローンやまた年齢そして収入によって保険のの選択肢は変わってきます。保険税というものは医療などの事を考えることも大切です。しっかりとよく考えて保険を決めましょう。それが保険選びのポイントです。「ほけんの窓口」は保険ショップブランドです。生命保険の提案を受けてくれます。-

講演会講師選びはセミナーの最大問題です。過去のセミナー展開におけるうまくいったことうまくいかなかったことを思い出すことでセミナー講師の話し方についての問題も無事乗り切るのではないでしょうか。一度も話を聞いたことのない講師を選ぶのは当然に心配でもありそれは講師次第とのことでもありとても悩んでしまいます。どうやってみても心配になってしまうのは講演会講師の専門性の確認です。-