会計経理マンの仕事(1)

売上、経費、純益、営業益、損金、減価償却、内部保留などなど、現在の企業活動は大企業、中小企業問わず、非常に複雑な形でお金の動きを追う必要があります。い

わゆる、「幾ら入ってきて、幾ら使って、幾ら貯金」というようなシンプルな計算で済む単式簿記であれば、簡単な四則演算が出来れば出来てしまいますが、貸借対照表が絡んで、総合的な資産状況を把握する事を可能にする複式簿記は、それなり以上に簿記の知識がないとうまく扱うことができません。

しかし、現在の会社の主流である株式会社は実に様々なところから融資や資金調達を行って経営され、利益も多岐にわたって分配されていくため、単式簿記では会計の用を満たしません。すなわち、実質、企業で会計をするということは、簿記知識を身に付けて複式簿記を用いる必要があるということです。

この点から言って、簿記技能知識を有する人材というのは、どこの企業もある程度の人数必要としています。こういった場面で働く、いわゆる会計経理職のお仕事は、月次決算・年次決算、年末調整・確定申告、給与計算・社会保険、支払い・請求業務、伝票作成・管理といったものになります。

大きな企業ではこのそれぞれに人員が配備されることもありますが、大多数を占める中小企業では、このうち大半の業務を兼任で担当し、特に仕事量が大きい業務に関しては専任の会計経理事務員をつけるという形になるでしょう。




生命保険をきっちり選んで契約することをあまり四角四面に決めつけないことです。カルチャースクールなどの保険セミナーに出てみてそこで保険に詳しい人に保険の見直しを考えてもらうのもいいことです。生命保険の見直しは相談するとまとまってきます。生命保険見直しをやってみたらいかがですか。思わぬいい保険に入れるかもしれません。保険の見直しはいい結果を生むかもしれません。
保険見直しについてならここ



なんで医療保険が必要なのかと考えてみましょう。医療保険のことをよく聴きます。医療保険はそうは簡単にはわかりません。予想もしない重い病気で長い入院することもあります。また事故にあったときに自分の家族はいくら必要なのか。それが保険を考えるときに必要なものです。インターネットで医療保険を確認できます。-
探せば生命保険の保険通販もあります。コストパフォーマンスのいい医療保険やがん保険をプランニングするのは気楽にできることではないのですが、しっかりとした見直しを検討した自分の保険商品を選択することから始まるのです。通信販売でもそれでいいのです。思っているよりもうまくいきます。生命保険の再検討では所得保障保険が使われます。保険通販も考えてみましょう。-

相続の問題は無理をしないことが大切です。うまく遺言や贈与などで問題を解決させるためには遺言などの手続きについて気楽に考えないことです。相続対策は工夫が必要です。遺産相続による相続対策はどの資産家の家でも相続人争いという簡単な問題ではありません。遺産分割することについてあらかじめ考え対策すれば思っているよりも簡単かもしれません。-