宅建試験(1)

宅建試験は正式には宅地建物取引主任者資格試験と言い、宅地・建物の売ったり買ったり仲介したりするのに必要な資格を取得するための試験です。よりわかりやすく言えば、不動産業を営むのに必要な資格の事であり、不動産屋さんは必ずこの免許を持っているはずです。

宅地建物取引主任者資格試験、略して宅建試験は国家資格試験であり、国交省認可のもとで年一回、10月の第三週に実施されます。試験会場は居住する都道府県ごとの指定会場となります。

宅建試験は、受験資格が特に存在しない試験であること、不動産業という主要業種の一つに不可欠であるためか、非常に多数の受験者が毎年受験することで知られています。世間の不動産景気状況を反映しているとも言われる受験者数は、バブル期の1990年には34万人という数を超えています。その後、バブルが弾けて不動産業界が冷え込む中で受験者数も減って行きますが、現在も尚受験者数16〜17万人を数える、最大規模の国家資格試験となっています。

出願は現在、郵送・インターネットの両方で行うことができ、受験料は7000円となっています。インターネットからの申し込みは財団法人不動産適正取引推進機構のWebページを参照するとよいでしょう。郵送に関しても同じく情報が載せられます。

試験科目は7科目、「土地及び建物の権利と権利の変動」「土地及び建物の法令上の制限」「土地建物の税に関する法令」「土地建物の価格評定」「宅地建物取引業法及び関連法令」「土地建物の形質、地目、地積、構造」「土地建物の需給に関する法令・実務」について試験が行われます。このうち、最後の2科目に関しては登録講習実施機関が行う登録講習を受けることで免除されますので、実質5科目で受験する人も多いようです。試験時間は2時間です。すべてマークシート方式の4択問題で50問出題されます。




ぴったりした生命保険にはいるには生命保険の専門家やファイナンシャルプランナーと面談していくことが必要なことなのです。保険について話し合っていくことで正しい生命保険商品を見つけ出すことができるようになります。チャレンジしてみないといけないのは保険無料相談ということです。保険の相談は大切です。-


保険を選ぶ保険比較をしてから。誰かに相談したりして生命保険の比較をしてもらわないといけません。しっかりとした見直しを検討した生命保険を決める意思決定をしましょう。それが大切なポイントです。自分の年齢性別等により保険の選択肢は変わってきます。だから保険比較なのです。よく説明を受けてよく考えてよく質問することが重要な注意点です。-
生命保険等の保険をどんな関係の人に相談をするのでしょうか。後悔しないように解決するためには確り意見を持っていれば意外にいい解決をします。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPと呼ばれる人も増えているようです。コンサルの結果がしっかりしたものかどうかでどのような生命保険のプランニングとされるかが決定します。ファイナンシャルプランナーと保険についてです。いいファイナンシャルプランナー・FPに合えれば最高です。-

保険の悩みを解決できるか、生命保険の悩みについてあまり厳格に決めつけないことです。保険選びと見直し検討はどの家庭でもそれなりに悩ましいことです。この保険選びの解決策について頭に入れて早めに話し合っておけば思っているよりもずっと簡単かもしれません。みつばち保険ファームやほけんの窓口などの保険ショップの保険無料相談を使い、相談するのがいいのです。-