宅建試験(2)

宅建試験の合格者は、ここ10年ほどの間、15%〜17%で推移しています。また、合格点は年毎に変動していますので、おそらく合格率がこれぐらいの数字になるように合格点の方を調整しているということが伺われます。

ちなみに、平成22年度試験では18万6千人が受験、2万8千人が合格しており、受験資格を要求しない国家資格として考えると、かなり高い合格率であると言えるでしょう。この資格だけがあっても不動産業を営むことが出来るわけでは無いということも、比較的容易な試験として設定されている理由かもしれません。

宅建試験に合格すると、「宅地建物取引主任者資格者」という扱いになります。実際に不動産業務を行うためには、この上で都道府県において資格登録を受けて「取引主任者証」の交付を受ける必要があります。

この取引主任者証は有効期限を5年としており更新が必要ですが、宅地建物取引主任者資格者の方は特に更新など必要なく、一生有効な資格となっています。ですので、宅建試験に合格していれば、一時不動産業を辞めて免許も返上していても、また再登録して再交付を受けて、不動産業を再開するということが可能になっています。




定期保険から商品を選ぶことについては思考停止に陥ってしまいます。ちゃんとした生命保険や定期保険を確り選択するのは大変です。ゆっくりと落ち着いた環境で選んでもいいでしょう。定期保険の比較はいいことのです。-


保険の見直しは相談することで納得の結論にたどりつけるかもしれません。保険ショップの保険の専門家に頼んでみるのもいいことではないでしようか。ただし生命保険を自分で選んで契約することを楽に思わないことです。かなりいい結果が残せるかもしれません。生命保険の見直しは大切なことなのです。-
有利な生命保険に団体保険と言う保険には注目です。グループ扱いの保険や給料引き去りの保険もあります。団体とは勤務先の会社などの組織のことをいいその団体と生命保険会社などが提携する制度です。団体生命保険やグループ保険と呼ばれることが多いものです。会社の給料から控除されて、全社分の控除額がまとめて保険会社に支払われます。普通の生命保険より保険料はかなり割引されています。保険を考えるには団体保険があるか確認をしましょう。-

ちゃんと事前準備をしてすすめてみれば保険選びと保険料負担と言う問題も何とかなるのではないでしょうか。様々な目的の保険などの生命保険、生命保険やガン保険、定期保険所得補償保険そして会社を支えるための積立の保険と悩ましいほどたくさんあります。保険の評判を知ることで保険料が無駄にならないように考えましょう。-