生命保険募集人登録試験(1)

生命保険の勧誘、募集人に関しては、保険業法にてその業務範囲が規定され、登録されることが義務付けられています。一般には、生命保険募集人登録試験に合格し、金融庁にて登録を行うことで募集人資格を得ることができます。ここで言う生命保険募集人とは、生命保険に関して募集を行う人のことで、いわゆる保険営業の人と、代理店の2つにわかれます。保険契約の仲介までを行うのが業務となります。

生命保険募集人登録試験は、「一般課程」「生命保険専門課程」「生命保険応用課程」「生命保険大学課程」「変額保険販売資格」が存在します。通常、生命保険募集人資格と言った場合には一般課程の事を指していることが多いようです。

一般課程を取得すると特に呼称の無い保険営業職員、保険募集代理店となることができます。その上の生命保険専門課程に合格すると、「LC(ライフコンサルタント)」と名乗ってお仕事することが可能になります。

更にその上の生命保険応用課程に合格すると「SLC(シニア・ライフコンサルタント)」、生命保険大学課程合格で「TLC(トータルライフコンサルタント)」という肩書きが名乗れるようになります。ただ、お客さんの側から見て実際に区別が存在するのは、無印の生命保険営業員、ライフコンサルタントぐらいでしょう。




保険を確定させるのはすぐにできるようなことではありません。悩まなくて済む生命保険は支払う保険料の合計額はマイホーム購入に次ぐ家計の支出と言われているもので、設計するのは見積もってからです。だから保険に詳しいFPに生命保険の見積もりををすることが大切です。
生命保険選びネットのページ→日本生命の保険商品



生命保険って一体どうしたらいいのか分かりません。若かった今までは保険などいらないと言ってきたのですが、しっかり保険を考えないといけないな言われることがありました。生命保険会社によって特色が多いようですが、違うようには見えないのです。するといよいよ面倒になってしまい、保険は難しいので分からないままです。保険ショップで選びます。-
今まで継続してきた生命保険を見直すにさいして後悔しないために重要視すべきことは告知義務違反をしないかをよく認識することです。人間ドックで指摘を受けていたりそんなことがつづいていての生命保険見直しで間違えないためには告知義務も考えないといけません。-

自動車保険を選ぶことについては面倒なことです。誰もが悩みます。間違えることで後悔しない保険を選択するのは苦労ごとです。保険見積りが保険ではできるようになっています。保険内容の見積りも普通のことになりました。保険ならば保険見積りは無理せずネットで行うのが肝要です。-