生命保険募集人登録試験(2)

一般課程は、生命保険の営業として働くために必須とも言える資格であり、生命保険会社に入社→登録前研修→一般課程試験→合格→登録→登録後研修という流れで取得することになります。

登録前研修は8日間32時間以上30単位と規定、登録後研修は7日間28時間以上15単位という構成になっており、実際には登録試験や登録手続きなどを含めて入社後3ヶ月間の研修という形で受けることになるようです。募集代理店の場合、この一連の流れの登録前研修の前に業務委託説明会というものが追加されますが、それ以外は基本的に一緒です。

生命保険募集人登録試験は、大体月1回ぐらいの頻度で実施されています。何しろ、保険勧誘員などになるためには必須の資格ですので、あまり間が開いても大変です。規定では100点中70点以上の取得で合格となっていますが、実際には取得点数が知らされず、「合格」とだけ通知が来るそうなので、細かい点数は不明になるとか。

非常に受験者・合格者共に多く、また頻繁に行われる登録試験であり(データが見つかった平成13年の時点で年合格者22万3千人強)、合格率は95%以上と非常に高いので、一般の資格試験のイメージよりは、生命保険社員研修の一環であり、その習熟度をチェックするための試験と捉えたほうが良いでしょう。

実際、この資格は生命保険営業職として働くこととほぼセットになっており、生命保険会社に就職せずに資格だけを取ることができませんし、生命保険営業実務から離れて1年以上経過すると自動的に失効します。他業界の就職条件や転職にも全く影響しませんので、一連の試験は生命保険業界内のみでのキャリアパスであると考えるべきでしょう。




社会人になったとき保険の見直しはそのようなタイミングを生かし相談でいいプランに落ち着きます。どうしようかと思ったら生命保険見直し相談は役に立ちます。生命保険の見直しは大変なことなのです。検討課題はたくさんです。第一生命の保険も検討考えましょう。-


生命保険や医療保険 、学資保険など多すぎるほどの保険があり考えるだけで頭が痛くなります。どうしようかと思っている保険はなんとなく必要に思う医療保険がいいのかなと思っています。どんな病気が待っているかしれないので損得はあっても安心して入院するために保険を考えておきます。保険ショップで選びます。-
思い込まないでしかし軽く考えないようにして学資保険をやってみましょう。どんな学校を選ぶのかで保険の設計も変わります。よく検討して決定しましょう。それが大切なことなのです。
学資保険についてならここ


どの保険選ぶのかは容易なことではむないのです。生命保険の上手な見直し、つまりどのようにして保険の見直しを比較して選ぶのかどうとらえるのか。随分と苦労するのが当たり前です。悩んだならばみつばち保険ファームは役立ちます。-