証券アナリスト試験(2)

日本証券アナリスト協会で実施される証券アナリスト試験は、1次と2次にわかれます。1次が基礎的な知識と分析力の評定、2次がより高度な知識と実務的応用力を問われる試験となっています。証券アナリスト1次試験は年2回、春4月と秋9月に日本全国9都市とニューヨーク、ロンドン、香港にて行われます。

受験料は各科目ごとに別れており、「証券分析分析とポートフォリオ・マネジメント」が6000円、「財務分析」「経済」が各3000円となっています。科目ごとに合否が分かれているために、1回目は3科目、2回目は不合格だった1科目のみ受験ということがありえます。合格基準は、上位一定割合が合格するように基準点調整されます。

合格率は常にほぼ一定で、実際の合格点や人数が変動すると覚えておけばよいでしょう。試験時間は「証券分析分析とポートフォリオ・マネジメント」が3時間、「財務分析」が1時間半、「経済」が1時間半という構成になっています。
受験申込はインターネットもしくは郵送にて申し込みを行います。

2次試験は、年一回6月に実施されます。2次試験は1次試験合格者であることが条件となり、会場は1次試験と同じ。受験料は科目別ではなく全体で8000円となっています。

この2次試験に合格し、かつ実務経験が3年以上あると、日本証券アナリスト協会の検定会員となることができます。検定会員であることの直接のメリットは別段有りませんが、証券アナリストとしての識見の高さを証明していますので、証券会社や信託投資会社などでは大いに引っ張りだこと成ることでしょう。




IT技術が保険に活かされたことでネット生保の割安な保険料の生命保険も見つけられるようになりました。様々な場所で保険店舗の保険ショップが気になります。新しい保険の選び方が可能になってきています。ソニー生命などのその安い保険を選びましょう。-


将来のために選んでおくべきと言われてしまう生命保険。結婚も考えていないので生命保険は実感できません。もしも結婚することになって子ができて心配になったら保険に入らないといけないでしょう。学資保険が子のいる家族になれば入るでしょう。保険ショップで。
横浜市での保険相談
横浜市での保険相談について|保険ショップインフォから
http://www.hoken-shop.info/area/92/

ガン共済や医療共済。生命共済。共済の種類は驚くほどたくさんあります。その共済についての保障対象と保障内容はもちろん大きく違っています。共済は考え過ぎないことが肝要です。多岐にわたる共済は比較すると差が分かります。-

探せば生命保険の保険相談もあります。問題が起こらないような生命保険をみつけていくことは時間を取って考えないとできません。生命保険はずっと払い続ける金額の合計を見れば随分高額な保険料を払うもので、また自分や家族の万が一の事態を託すというものなので選択することに苦労するのです。だから専門の保険代理店に生命保険相談をしてもらいいい保険の組み合わせができるようにしないといけないのです。-